ホーム
会社概要
企業理念
事業紹介
ライセンス加盟
採用情報
お問い合わせ
HOME >
SOLUTION

事業紹介

事業紹介
業態開発
外販事業
店舗案内

ディーアールの味とサービスで、

私たちの社名DR(ディーアール)には、「Dining Renovation(ダイニング リノベーション)」という意味が込められています。それはただ利益を追いかける経営をするのではなく、常に"食"の最先端を行き、飲食業界の常識を覆すような新しい価値を創出し続けるという決意。足を運んでいただいたお客様一人ひとりに、こころから喜んでいただきたい。多くの方々に、いつまでも愛されるお店であり続けたい。
その強い想いが私たちの原動力となっています。
だからこそディーアールは業態ありきではなく、立地優先で出店するのです。経営上の合理性よりも、その土地柄に合った、本当に望まれるお店と味を考え抜く。
それが私たちのスタイル。これからは世界中のお客様にディーアールを知っていただくため、国内だけでなく海外への出店数を増やすとともに、外販事業などにも力を入れていきます。今後も常にお客様の期待値を超えるべく、どこにも負けない情熱とスピード感を持って進化を続けます。私たちの使命である「お客様に感動と驚きを与える、味とサービスを提供する」ために―――。

事業概念図

会社概要ディーアールを体現する先導者たち

ディーアールらしさとは何か
当たり前のことを続けてこそ、
取締役 / 外食事業部 部長
「何事も一生懸命!」がすべての基本。
一生懸命やればお客様の反応が返ってくる。一緒に働く仲間の反応も変わってくる。自分次第でいくらでも楽しくなる。これが私の仕事に対する基本的な考えです。取締役としてサービスの土台となる接客マニュアル作りなど、ディーアールの骨組みや基盤作りをしている私は、従業員に対し「お客様を見るのが仕事。何か気づいたらすぐに全速力で向かえ!」と教育をしています。野球に例えるならピッチャーゴロでも一塁まで全力疾走。経験やスキルに関係なく、誰もができることを一生懸命にやり続けることで、お客様の感動を呼ぶのです。たくさんの飲食店がありますが、接客で感動を与えてくれるお店が、いったいいくつあるでしょうか…。やはり大切なのは、基本を忘れないことです。
大手チェーンにはない個性を生み出す。
ディーアールはどの業態においても、個性あふれる店舗づくり、ホスピタリティ溢れる接客に妥協しない。店舗開発の段階から、その意識を徹底することで、「ディーアールらしさ」が生まれるのです。利益はもちろん考えますが、それよりも料理や接客、経営方針などあらゆる面で、より多くのみなさんに「おもしろいお店だな」、「ここの会社なら何かやってくれる」。そんな風に思われる企業になりたいですね。
その道のりは険しく時間もかかるとは思いますが、先ほどお話しした『一生懸命』を貫き通せば、必ず達成できると信じています。お陰さまでメディアにも取り上げていただく機会も増えました。念願だった地方出店と海外進出も達成し、順調に成長を遂げています。これからも満足することなく、ディーアールは一つひとつ丁寧な店づくりをし、常にお客様の期待を越えるお店を創出し続けます。
独自の業態開発
物件ありきで最もマッチする
経営企画室 室長 物件開発/広報担当
社長が語る熱意に押されて。
26歳の時に中途で入社した私の前職は、とある大手電機メーカーの購買部でバイヤーをしていました。新卒で入社して3年間。当時は仕事にやりがいを感じていましたが、飲食店でバイトしたあの時の熱さというか、一体感が忘れられなくなり、思い切って退職します。そんな時、偶然にもディーアールに知人がいた関係で声をかけられたのが入社のきっかけ。社長と面談をして「店舗をもっと増やしたい」「業態をもっと増やしたい」「海外に進出したい」「そのためにお前の力がほしい」…etc。熱く語る社長を見て私は決めました。現在は社長の右腕として国内や海外を一緒にまわりながら、谷脇の鋭い感覚を五感すべてで学び、常に時代の先を行く店舗づくリのヒントを収集しています。
他にはない方法で店舗開発。
新聞や雑誌、そして最近はTVでも取り上げられようになり、以前にも増して不動産業者様やビル管理会社様などから、たくさんの物件案内がFAXで届きます。それらに一つひとつ目を通し、良さそうな物件は必ず現地調査。人通りの多さや行き交う人々の様子、近所のお店、街全体の雰囲気。幾度も足を運んで可能な限り調べ尽くします。ディーアールは業態ありきで出店しません。物件ありきで業態を考える。他の会社にはない店舗開発のやり方だと思います。その土地ならではの生活感や息づかい、ニーズを掴まないと、どんなにいい料理を提供しても、最高の接客をしても、お客様は足を運んでくれません。大阪出店第一号の「梅田ワイン酒場 バルミチェ」出店時も、日本全国の物件をくまなく見て出店したお店のひとつです。北海道の物件調査から始まり約半年。お店が開店時刻を迎えた時の感動は今でもはっきり覚えています。話題のお店づくりは私たちディーアールにお任せください。物件に合う最もマッチする業態をプロデュースします。
感動と驚きの味を追求
いい意味で期待を裏切る
本部 メニュー開発部 部長
世界で得た経験をディーアール流にアレンジ。
料理の学校を卒業した私は、5年間フレンチのお店で働いていました。そんな時、たまたま海外で働く友人の話を聞いたことで世界に興味が湧き、青年海外協力隊に応募。そこからアフリカで2年間ほど日本料理を教え、帰国後は在外大使館で公邸料理人を務めていました。ほかにもミャンマー、ネパール、ウズベキスタン…。20代後半から30代半ばまで海外で働いた私は結婚を機に日本で働くことを決め、縁あってディーアールに入社し現在に至ります。一番魅力を感じたポイントは、「料理人として面白いことができそうだ」という企業風土。ここなら自分の経験が活かせるし、小さな会社だからこそ自由に意見が言える。そこがディーアールの良さだと思いますね。
ここでしか味わえないメニューを提供したい。
入社した当時、会社はラーメン・ホルモン・立ち呑み居酒屋と、次々に業態を増やしている真っ最中。驚いたのはそのスピード感です。業態を決めるまで、メニューの開発期間、オペレーション、全てが早いのです。そして、お客様に感動してもらおうという意欲が社長をはじめ皆さんとても旺盛で、私も大いに刺激を受けました。これまでの経験を活かして社長に新メニューをプレゼンしても簡単にはOKが出ません。私のこだわりは「そこに新しさはあるか」「そこに感動はあるか」。多くの飲食店がある中でも際立つ、見て感動、食べて感動する料理を私は考え続けています。どこのお店にもない、ディーアールでしか味わえない料理を。その意味でも、六本木にオープンした『六道』の野菜を肉で巻いて蒸す"巻き串&ワイン専門店"という業態は、「世界初」と言えるはずです。これからも世界を相手に料理をしてきた経験を活かし、常識にとらわれずに新しいメニューを開発していきます。ぜひ今後とも、ディーアールの動きにご期待ください。